学校のオアシス的存在

学校における保健室の役割

トップ

学校の設備の情報

学校の保健室は安らぎの場

学校の保健室は、授業に出たくない子供たちがよく集まって先生と話をするところです。保健室の先生は、悩みを抱えた子供たちの話しをよく聞いてくれ、無理やり教室に行かせず自分から教室に行くまでいさせてくれるのです。学校にいってもすぐに教室にいけない子供はそこへ行き、1日を過ごすこともあります。でも、先生は怒ったりしません。何か理由があっていけないんだとわかってくれているからなのです。担当の先生とは違う存在で、どんな生徒の話も一生懸命聞いてくれますし、アドバイスを求めたときには必ず力になってくれるのです。

家庭教師によって合格への道が開けます。
個人に合ったカリキュラムで行う学習です。授業ごとに前回内容の復習と次回内容を確認して行うようです。

保健室における養護教諭の存在

保健室といえば、学校内での病気や怪我の応急処置を行うこと場所として先ず挙げられますが、健康診断、保健指導、環境衛生などに対応することはもちろん、保健衛生全般の啓発を行う場所として保健室が設けられています。近年ではそれ以外に、教室での教科について行けない児童の学習場所としてあります。そこには精神的、身体的にサポートする養護教諭が常駐しています。学校では養護教諭は通常授業を行いませんが、日頃の児童の保健面について他の教諭より詳しく把握しているため、時間を割いて授業を行う意義は大きいという意見も多い。